フィンペシア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

インプットとアウトプット

やっぱりインプットとアウトプットって両方大事だと思うんですよね。


創作やってる人間のはしくれとして、どうしてもアウトプットを続けなきゃいけないという強迫観念にかられることもあるのですが、そうはいってもただ自分の中にあるものを吐き出し続けるだけというのは限界がありますし、しんどい事でもあります。
そういうときに何か作品に触れるなど外部からの影響を受けて、また新たに創作欲が湧くということは創作をやっている人なら経験のあることなのではないでしょうか。

勉強だってそうですよね。今度は逆にインプット偏重で本ばっかり読んでいても仕方ないわけで、ノートにまとめてみるなり問題を解いてみるなり、何かしらの方法で蓄えた知識を外に放出することをしないといつまで経ってもちっとも身につかなかったりするわけです。


つまり結論としては、「入ってきちゃううううう!」「出ちゃうよおおおおお!」もどっちもエロくて良いという事ですね。ええ、お察しの通り今日はこれが言いたかっただけです。ちなみに僕は後者のほうがエロいと思いました。

スポンサーサイト

2013年04月25日 雑記 トラックバック:0 コメント:0

女の子の自乗

何はともあれ、女の子を可愛い可愛い言ってる女の子って可愛いと思うんですよね。


いや女の子が可愛いというのはもはや宇宙の真理と言っても過言ではないのですが、その女の子の可愛さを適切に評価しているのが女の子というのもまた良いものです。相乗効果にしてまさに女の子の二乗。
社交辞令的に言う「わー○○ちゃんかわいいー」とかいうんではなく、「うおおお○○ちゃんめっちゃ可愛い腰とかすごいほそくてきゅってしてるし良い匂いするし首筋とか舐めたいうへへへへ」ぐらいガチなのがいいですね。いやもう中身がおっさんなくらいでちょうど良いのです。

こういう時に僕も女の子だったら合法的に女の子をぎゅっぎゅできたのにと思いますしこればかりはどうしようもないので忸怩たる思いなのですが、世の中の女の子はもっと女の子同士でいちゃいちゃして僕のような百合厨の癒しを提供してくれれば良いですよ。いやもうほんと女の子同士が手をつないでるのを見るだけで涎でますからね。百合万歳。


2013年04月22日 雑記 トラックバック:0 コメント:0

目線の先に

 何らかのパラメータが自分と同じ水準にある人というのはとても貴重な存在ですよね。

 高くもなく低くもなく、ちょうど同じ高さの視線でいられるのなら、自ずとその人の存在は心地よいものになると思うのです。同じ高さで一緒の世界を見ているのですから。他の誰よりも同じものを感じ取り、共感し合うことができるでしょう。

 そしてその居心地の良さを知ってしまったら、もし相手が少し「高く」なったときに、自分も同じ世界を見ようと頑張ることができるはずです。同じ世界を共有し続けるために、ごくごく自然な意思として。

 だからこそ、どんなフィールドであれ、自分と同じ目線の人を見つけることができたらそんな幸せなことはないのでしょうね。自分より上の人だって下の人だっていくらでもいるんです。だけどきっと何かが通じ合う人というのは、同じ高さの目線を持った人にこそいるのだと僕は思っています。"運命の人"だって、きっと。


2012年11月25日 雑記 トラックバック:0 コメント:0

特化

 何かのスペシャリストというのはとても憧れるのですがどうも僕はそうなれなさそうなのでゼネラリストという名の器用貧乏を目指す方向にならざるを得ないのですが、それでもやっぱり自分にしっくりくる何かというのはついつい夢見てしまうところであり、今後の人生においてそれが見つかってくれるのかあるいは……というのが目下のところの状況です。

 何かに特化した人がどうやって「それ」に出会ったのかってとても気になるのですが、得てして「偶然」とか取るに足りないような些細な理由だったりするんだろうなあ。そういうものなのですよねきっと。

2012年11月20日 雑記 トラックバック:0 コメント:0

とびだせ どうぶつの森

 リアルでもネット上でもどうぶつの森の話ばかりで、早くも食傷気味です。

 なんでこんなに話題になってるのかすらよくわかってないですしそもそもやったこともないので何となく居心地が悪いんですよね。というか改めて考えてみるとどんなゲームかもいまいち知りません。確か、どうぶつがいる森に住むゲームでしたっけ?(情報量0)

 女性に人気という勝手なイメージを持っていたのですがどうやら満遍なく人気みたいですよね。現代に生きる我々は人間同士の醜い争いに疲弊し汚れた感情を持たない動物に対して癒しを求めているとかそういうアレでしょうか。

 ……しかし、あんまり適当なことばっかり言うのもなんなのでちらっとウェブサイトを見てみたら、なんとまあ「村づくり」「公共事業」「条例」などという文字が踊っているではないですか!そうかそんな社会的なゲームだったんですね!

 
 本日得られた結論:どうぶつの森はシムシティの動物verである(多分これも間違ってる)

2012年11月08日 雑記 トラックバック:0 コメント:0

| 夢色JUNKBOXTOP |

| このページの上へ |» 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。