フィンペシア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2次元キャラの夢

朝方に2次元キャラが夢に出るという僕にとっては稀有な体験をしました。

夢に出てきたからといってちゅっちゅしたりえろいことをしたりという訳でもなく、ただただ彼女が静かにこちらを向いて微笑んでいるという極めて健全な内容の夢だったのですが、あまりにも珍しいことだったため起きた後も鮮明に覚えていました。それくらい珍しいことなのです。

友人などの話を聞く限りでは頻繁に2次元キャラの夢を見るという人も結構いるみたいなのですが、彼らと僕とでは一体なにが違うんでしょうね。
僕は2次元キャラの事を考えるときにビジュアルで考えるのではなく概念で考えることが多いので(感情とか、関係性とか)その辺りが違うのかなぁとも思いますが、2次元キャラを目にする機会自体はそこまで少なくないですし、やっぱりよくわかりません。


どうも周りの様子からすると絵描きさんにそういう夢を見る傾向のあるかたが多いように思われるので、ちょっとうらやましいな、なんて思ってしまいました。
僕も夢でちゅっちゅしたいです。

スポンサーサイト

2012年10月02日 日記 トラックバック:0 コメント:0

| 夢色JUNKBOXTOP |

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。