フィンペシア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

さくら荘のペットな彼女1~12話感想

 ニコニコ動画で一挙放送があった、さくら荘のペットな彼女をタイムシフト視聴で一気見しました!

 先日何人かの友人と話をしていて、おすすめのラノベはないかと訊いたところこの作品が良いという回答をもらったので読もうと思っていたのですが、せっかくアニメ化しているのでまずはアニメから入ろうと思ったんですよね。さらに都合のいいことに、一挙放送があるということだったのでこの土日でまとめて見てしまおう!と相成ったわけです。

 あらすじとしては、ゲームクリエイターを目指す凡人の主人公が、さくら荘なる場所で圧倒的な能力、技術を持つ画家やら脚本家やらアニメーターやらプログラマーやらに囲まれて生活するお話です。創作をやっている友人たちが薦めてきた理由がこの時点でよくわかりますね。

 僕が見ていて真っ先に良いなと思った箇所は、「天才の能力を妬む」という黒い感情がごまかされずにきちんと描かれていることでした。
 メインヒロインの一人である天才画家の椎名ましろは、「自分ではぱんつも穿けない生活破綻者」であるため主人公が身の回りの世話を全部しており、主人公がいなければまともな生活もできない状態でした。そのようにましろを掌握しているかのような錯覚すら抱いていた主人公ですが、ある時ましろが海外でどれほど評価されているか、その能力がどれだけ絶対的で強大無比であるかを眼前で見せつけられてしまいます。
 自分がいないと何もできないと思っていた少女は、こんなにも自分とは遠い位置にいた。それを知ってしまった主人公は、ましろの漫画家デビューを心の底から祝えない自分に気がついてしまうのです。

 主人公の他にも、密かに想いを寄せている相手の才能に自分が届かないことを知り、正面から向き合うことができず代わりにその相手の姉と代替品のようにして付き合ってしまう先輩だとか、ましろと一緒に絵を描き続けてきたのにましろに届くことはなく、嫉妬からずたずたに貶される事を望んでましろを漫画家の道に導いた友人など負の思いを持ったキャラの気持ちがありありと表現されており、仮にも創作をやっている僕として考えさせられる部分が多くありました。

 他の見所として、作品内に複数組のカップルが存在することです。
 この手の作品のお約束としてハーレムものなのかと思いきやそんなことはなく、主人公以外の男キャラにはっきりと好意を抱いている女キャラが登場するんですよね。
 当然、ストーリーの主軸としては主人公周りの話になるのですが、他のカップル(厳密にはカップルに至っていないのですが)の話も要所要所で挿入されており、彼らの人間関係の進展がどうなるか、というのもまた面白さの一つでした。カプ厨の僕にとっては特に大事です。ほらほら早くくっついてしまうんだ!

 ギャグ要素も多めだったのですが主人公のツッコミが冴えていることもありテンポも良く、また感動させるシーンではしっかり泣かされてしまい、シリアスなシーンでは創作や人間について考えさせられる、というように思わず心をあっちこっちに動かされてしまう良い作品でした。
 シュタゲ以来の心に刺さったアニメだったので、原作も読もうと思います。そして原作を読んだ上で、今現在この作品に対して僕が抱えている最大の懸案事項である"美咲先輩とななみんのどちらがより僕の好みか"という問題に結論を下したいと思います。

2013年01月20日 感想 トラックバック:0 コメント:0

<< 夏コミ申し込みました!(東方アレンジやるよー) | 夢色JUNKBOXTOP | カガミハラ/ジャスティス-子供と◯◯と◯◯の話- 2感想 >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。