フィンペシア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」感想

 ほんとうに超いまさらなのですが「俺の妹がこんなに可愛いわけがない(俺妹)」のアニメ1期を見ました。とてもおもしろかったのでネタバレしつつ感想を。






 事の発端はニコ動で俺妹二期の予告編動画があがっていたことです。



 実はこの作品、有名だということは知っていたのですが内容についてはほとんど情報を持っていなかったんですよ。
 作品名と妹(桐乃)の断片的なキャラ知識から勝手に想像して、素直じゃない妹の可愛さに兄が徐々に気づいていっていちゃいちゃするような話かと思っていたのですが、少なくとも序盤に展開される話のテーマとしては全然違いました。

 まず提示される問題は、妹モノのエロゲー大好きで超オタク趣味の桐乃が、その趣味を親や友人にいかに隠すかという話。ひょんなことから事実を知ってしまった主人公が桐乃の妹ゲーム攻略に付き合ったり趣味の合う友人を見つける手伝いをしてあげたりするのですが、結局の問題は「自分が好きな趣味を隠して行きなければならない」ということ。
 オタクに対する偏見や蔑視。自分自身もそれを分かっているからこそ隠さなければいけない桐乃。桐乃がオタク友達と一緒にいるところを、事情を知らない友人に見られた時には自分がそういう趣味の人達と一緒にいるということを隠すためとはいえ、オタク友達を指して「あんなキモい奴ら、知り合いでもなんでもない」とまで言ってしまいます。生々しい話ですね……。
 兄と妹との関係よりは、まずこのテーマを描きたかったのではないかなという感じです。桐乃が、オタク趣味も他のことと同じくらい大好きで、どれか一つでも欠けてしまったらそれはもう自分じゃない、と言っていたのが印象的でした。何と言われようと自分が好きな事を好きと言い切ってそれを貫くという姿勢は、この作品を見るような層には特に刺さることかもしれません。

 ……とここだけ書くと重い話のようですが実際はだいぶコミカルな雰囲気で進んでいくのでさくさく見られます。なんといっても見所は桐乃の妹ゲーに対する愛。
 妹ゲーを実際にプレイしている桐乃の様子が最高です。萌えシーンに出くわす度にひとりごと、奇声は基本として椅子と一緒に回ったりベッドの上で悶え転がったり、挙句の果てにエロいシーンの前には自分もシャワーを浴びて準備する気合の入れよう。どうみてもガチ勢です。すげえ。
 というか、僕が作品を見ていて萌えツボに入ったときにとる行動と完全に一致していたので凄く複雑な気分になりました。二次元の美少女ですら結構残念な感じになるのに僕がやっているところを客観的に見たら……と考えるとうすら寒いとしか言いようがありません。いくら一人暮らしとはいえ気をつけよう。うん。

 
 キャラもみんな可愛くて良いです。「ラブリーマイエンジェルあやせたん」という単語だけ知っていたので綾瀬はさぞ可愛いだろうと思っていたのですが性格に相当難ありなのでノーコメントで。カプ厨的には主人公と幼馴染みの関係が好きでした。

 
 二期は原作完結までやり切るようなので、どんな終わり方をするのかというのも含めてとても楽しみです。
 あー僕も一緒にエロゲー出来る妹がほしいな!


2013年03月31日 感想 トラックバック:0 コメント:0

かがみふみを「1DK」

 かがみふみをの「1DK」を読みました。

 紹介されている記事があったので気になって買ってみたのですが、だいたいこの通りの内容でした。なんというかもういかにも童貞×処女の初々しさ全開という感じで、見ている方はもうただひたすら布団の上をごろんごろんと悶えるしかありません。

 でも僕はこういうの大好きです。付き合っている相手に触れることすら躊躇ってしまうようなこういう初々しさって、忘れちゃいけない感情だと思うんですよね。無くしてしまっていた大事なものを思い起こさせてくれる作品でした。

 この作者の作品はだいたいこういう方向性らしいので、早速他の作品も読もうと思いました。
 あと何の因果か僕が今住んでいる部屋の間取りもちょうど1DKなので、僕とリアル1DKごっこをしたいという方は是非。

2013年03月10日 感想 トラックバック:0 コメント:0

そうだ、ブログを書こう

 お久しぶりな雰囲気です。じゃんくです。

 最近はというと主に仕事と試験勉強と楽曲制作とに追われる日々を送っています。平日は仕事なので家に帰ってから勉強して、休日に曲を作るという感じですね。
 余裕ぶっこいて色々と首を突っ込んだ結果、がんばって作らないとスケジュール的にきつい感じになるみたいです。そもそも今年のメインは試験勉強のはずなのですが、試験がある夏にまさに締め切りが重なっている夏コミに申し込んだ時点で修羅場は必至なのです。なぜわざわざかぶせたかと言われると僕自身も「はて、なぜだろうなあ」という感じなのですが、今までの人生のなかで僕が何か熟考して決断を下したことなど数えるほどしかないのでつまるところノリというやつです。人生はノリでなんとかなるのだ。

 しかしアレですね。もうくどいくらい色々なところで色々な人が言っていると思うのですが、やはりtwitterが普及してからブログをメインで書く人というのが僕を含めて減ってしまったのはやはり残念なことだと個人的には思うのですよ。
 昨日偶然知人のブログを読んだのですが、まあそれが面白いこと面白いこと。もちろんtwitterにも面白い部分は多々あるのですが、ブログの面白さというのとはまた質を異にするものなんだなあと再認識しました。
 テーマに沿ってある程度まとまった分量を書くからこそ生まれる面白さというのがブログにはありますよね。あと、「記事」という大きな単位のほうが個々のつぶやきを追うよりも確実に読むことができるのも良い点です。

 やっぱり僕の周りを見ても、かなり好きなブログがいくつかtwitterによって半閉鎖状態になってしまっていてもうtwitter殺すべしといった心境なのですが、ついったーのばかばかーと駄々をこねてるだけではしょうがないですから自分も積極的にブログを使っていって、少しでも多くの人がまたブログを書いてくれるようになる一助になりたいです。

 考えてみたら昔は毎日更新していたわけで、今思うと気が狂っていたのではないかとすら思うのですがそれだけ書くことを考えてたというのも事実なんですよね。
 今も昔も生活のなかにある「ネタ」の量なんて変わってないのですが、それがついったーでコンパクトに発信されてしまう。それはそれでもちろん良いのですが、昔のような「ある一つのネタを膨らませて文章にする」能力は確実に失われたなあと僕の中で実感するわけです。


 うだうだ書いて来ましたが一番言いたいのは「もっと皆ブログ書こうぜ!」ってことです。僕も皆のブログが読みたいですし、また皆に読んで欲しくもあるのです。
 
 なのでまあ僕も短くてもちょいちょい書いていきたいと思いますよ。これで次の更新が一ヶ月後とかだとさすがに洒落にならないですからね!僕ならやりかねないな。

 ではまた!

2013年02月24日 日記 トラックバック:0 コメント:0

夏コミ申し込みました!(東方アレンジやるよー)

 気づいたら2月ももう半ばに差し掛かっておりびっくりのじゃんくです。お久しぶりです。

 最近は特に何か大きなイヴェントが発生したわけでもなく僕には珍しく割りと淡々と毎日を過ごしていた感じなのですが、何をしているかとあえて言うならば夏コミ用の音楽を作っておりました。
 そして、申し込みも完了しましたよ!僕の個人サークル「夢色ゆーとぴあ」で東方アレンジCDを出します。5年ぶり!

 もう最近知り合った人には「えっじゃんくさんってサークル持ってたんですか」と驚かれるくらいにステルスっていましたが満を持してのサークル参加です。といっても別に便宜上サークルの名義として出るのであって、個人としてはそれなりに色々と作っていたので創作自体はそんなに久しぶりというわけでもないのですけどね。

 名義といえば、この「夢色ゆーとぴあ」というサークル名、個人的には気に入っているのですが先日友人に「25にもなってそのサークル名って(笑)」と煽られました。ほっといてください。そんな成長した時のことを考えず娘に「雛」とか名前つけちゃう人みたいに言われても困ります。……あぁそういえば昔の恋人にも「あなたらしい名前だけどあたしなら絶対そんな名前のサークルにはしない」って言われた覚えがありました。くそっ世の中は敵ばっかりだ!

 まーそんなこんなで曲の方も鋭意製作中(現時点で2曲くらいできてます)なのでよろしくお願いします。
 そいじゃまた。

2013年02月11日 創作 トラックバック:0 コメント:0

さくら荘のペットな彼女1~12話感想

 ニコニコ動画で一挙放送があった、さくら荘のペットな彼女をタイムシフト視聴で一気見しました!

 先日何人かの友人と話をしていて、おすすめのラノベはないかと訊いたところこの作品が良いという回答をもらったので読もうと思っていたのですが、せっかくアニメ化しているのでまずはアニメから入ろうと思ったんですよね。さらに都合のいいことに、一挙放送があるということだったのでこの土日でまとめて見てしまおう!と相成ったわけです。

 あらすじとしては、ゲームクリエイターを目指す凡人の主人公が、さくら荘なる場所で圧倒的な能力、技術を持つ画家やら脚本家やらアニメーターやらプログラマーやらに囲まれて生活するお話です。創作をやっている友人たちが薦めてきた理由がこの時点でよくわかりますね。

 僕が見ていて真っ先に良いなと思った箇所は、「天才の能力を妬む」という黒い感情がごまかされずにきちんと描かれていることでした。
 メインヒロインの一人である天才画家の椎名ましろは、「自分ではぱんつも穿けない生活破綻者」であるため主人公が身の回りの世話を全部しており、主人公がいなければまともな生活もできない状態でした。そのようにましろを掌握しているかのような錯覚すら抱いていた主人公ですが、ある時ましろが海外でどれほど評価されているか、その能力がどれだけ絶対的で強大無比であるかを眼前で見せつけられてしまいます。
 自分がいないと何もできないと思っていた少女は、こんなにも自分とは遠い位置にいた。それを知ってしまった主人公は、ましろの漫画家デビューを心の底から祝えない自分に気がついてしまうのです。

 主人公の他にも、密かに想いを寄せている相手の才能に自分が届かないことを知り、正面から向き合うことができず代わりにその相手の姉と代替品のようにして付き合ってしまう先輩だとか、ましろと一緒に絵を描き続けてきたのにましろに届くことはなく、嫉妬からずたずたに貶される事を望んでましろを漫画家の道に導いた友人など負の思いを持ったキャラの気持ちがありありと表現されており、仮にも創作をやっている僕として考えさせられる部分が多くありました。

 他の見所として、作品内に複数組のカップルが存在することです。
 この手の作品のお約束としてハーレムものなのかと思いきやそんなことはなく、主人公以外の男キャラにはっきりと好意を抱いている女キャラが登場するんですよね。
 当然、ストーリーの主軸としては主人公周りの話になるのですが、他のカップル(厳密にはカップルに至っていないのですが)の話も要所要所で挿入されており、彼らの人間関係の進展がどうなるか、というのもまた面白さの一つでした。カプ厨の僕にとっては特に大事です。ほらほら早くくっついてしまうんだ!

 ギャグ要素も多めだったのですが主人公のツッコミが冴えていることもありテンポも良く、また感動させるシーンではしっかり泣かされてしまい、シリアスなシーンでは創作や人間について考えさせられる、というように思わず心をあっちこっちに動かされてしまう良い作品でした。
 シュタゲ以来の心に刺さったアニメだったので、原作も読もうと思います。そして原作を読んだ上で、今現在この作品に対して僕が抱えている最大の懸案事項である"美咲先輩とななみんのどちらがより僕の好みか"という問題に結論を下したいと思います。

2013年01月20日 感想 トラックバック:0 コメント:0

| 夢色JUNKBOXTOP |

前のページ« | このページの上へ |» 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。